7月18日   

浜町のバス停から電車通沿いに思案橋を目指して、ホテルを探しながらウロウロすること十数分。昔のまんまの路面電車が懐かしい。’68年に上京した時には四谷を路面電車が走っていたが、最近は都内では見当たらない。京都でも一昨年行った時は見なかったし、宮崎も最近見てない気がする。広島や札幌はどうなったのだろうか?最近は行ったことが無いのでわからない。鹿児島は未だ現役バリバリで嬉しい。何とかホテルを探し出したのだが、チェック用の機械が数台壁際に並べてあってクレジットカードでチェックインをするようになっていた。そのせいかお客さんは若い人達ばっかりだ。とにかく時間が無いので路面電車に乗って原爆資料館へ向かった。そこだけは家族の皆に見てもらいたかったので、初日の一番に予定したのだ。そして、資料館を一巡り十分に時間を割き、平和公園経由の散歩で戻った。後は夜の稲佐山を目指してタクシーに乗り込んだのだが、花火大会当日だった為、見物客で相当混雑して車がなかなか前に進まない。昔は頂上までよく歩いて登ったものだったが、こんなにも遠い道のりだったのかと感心してしまった。やっと到着して展望台に上ったところ、すぐに花火が始まった。ところが夜景に紛れてしまって全く冴えない。大勢の若者たちで賑わってはいたが、花火は上から見下ろすよりも、やっぱり下から見上げる方がはるかに良いという結論に達した。
c0126762_2022041.jpg

[PR]

by haru359600 | 2010-08-11 20:50

<< 7月19日 2010年7月18日のこと「長... >>