あの日から一週間   

c0126762_11503497.jpg
朝起きてすぐに洗面所にやって来るはずの「のんの」がいなくて、ハッと思って気付かされてしまう。餌を準備して、「ナナ」と「そら」のぶんだけでいいのだと気付いてしまう。家に帰っても、尾っぽを振り振りドアの向こう側にいるはずのお迎えが居ない・・・。「のんの」の死を知った人々が話を聞いて涙してしまう。まだ日常に慣れません。
[PR]

by haru359600 | 2010-11-09 12:30

「のんの」の思い出 >>