二匹のお客さん   

c0126762_20331277.jpg
今、滞在1ヶ月半になる”ニコ”と”にゃんち”が我が家を走り回っている。”ニコ”はウンチを手でコロコロ転がして遊ぶほどだが、”にゃんち”はウンチ場の砂には触りたくもないらしく、プラスチックの縁をカリカリカリカリと砂をかけているフリを長い時間するだけだ。たまに”ニコ”がたまりかねて、砂をかけてやるそうだが、確認したことは未だ無い。c0126762_205751100.jpg
[PR]

# by haru359600 | 2008-08-26 20:52

フリー・アナウンサー ”ヒヤ小林”   

小林から突然メールが入った。弟が奄美出身の力士の事を書いた本を出すのだという・・・。そういえば昔、石垣島でアナウンサーをやっていた弟さんがいたっけ・・。奄美に関係がある力士の事なので協力を頼むとのことだった。OKとの返事をすると、翌日弟さん本人からもメールが入った。
 内容を紹介するサイト http://www.kagaribi.co.jp/No101genkou1.html と本人のホームページ http://hw001.gate01.com/dare/home.htm のアドレスが送られて来て、
一寸覗いてみると面白くて、ずるずると見入ってしまった。7月10日の発売とのことで、早速買ってみようかな?仲間達にも紹介しなくちゃ!
c0126762_1226730.jpg

[PR]

# by haru359600 | 2008-07-07 20:39

JUNK-7   

音楽喫茶「かぐや姫」を閉め、ロック喫茶「JUNK」の準備を始めた頃だっただろうか、?ダクション関係の道を歩み始めたFが、我々の伊津部町のアジトにやって来て、名古屋のキャバレー「銀馬車」とかいう店に日本で一番上手なドラマーがいるんだけど行方不明になっているらしい、という様なことを言った。ダクション関係者が探しているらしい事も・・。「どうも奄美にいるらしいんだよ・・。」「なんで?」「釣りキチらしんだ!暇さえあれば日本全国何処へでも出かけていって釣りをするらしいんだよ!それが嵩じて移り住んだらしいよ!それに奄美の出身らしいや・・。」「名前は分かるのか?」「オオボというらしい・・。」「どういう字を書くんだい?!」「大きいって言う字と、保つという字らしい。」「タモツという一字の姓は知っているけど、大保という名は聞いたことが無いなぁ?」私は小学校4年生の頃までしか島には住んでいなかったので、知らなかったのである。数年前にヒョコッとその事を思い出した。私の釣りの師匠はフィッシング奄美の大保光年氏である。大物釣りの前日本記録保持者・釣りキチ・日本中釣り回っている人物・・・・。そして、ナ~ントッ名古屋のキャバレーでタイコを叩いていたらしい!・・。仲間の小林も島にいる時に世話になっていたらしい・・。これは運命の赤い糸ではないか!いや、白い糸・・・・やっぱり黒い糸だ!・・・。タイコはどうしたの?と尋ねると、邪魔だからと数年前に、ジルジャンのシンバル等全て一式数百万円分はごみ捨て場へ行ったとさ・・・ウウ~ンッ!もう少し早くに思い出していれば・・・・・。
c0126762_1921779.jpg

[PR]

# by haru359600 | 2008-05-30 20:32

JUNK-6   

そもそも、これから大ブレイクしそうな「JUNK」がどうして解散をしたのかというと、タイコの小林が「どうしてもビートルズの生まれ育った町リバプールへ行ってみたい」と言って計画を立てていたことを実行に移したからだ。横浜港からナホトカ港に行き、シベリア鉄道で大陸を横断しヨーロッパへ向かったのだ。酒のツマミにと、その話を聞き出すと彼の天性の話術の面白さもあって、3日3晩では語りつくせないでであろう。私のおぼつかない記憶によると、小学生時代にTV局か何かの劇団の子役をやっていたとか聞いたことがある。たしか弟君は沖縄で、TV局だかラジオ局だかのアナウンサーを一時期やっていたはずだ。そういうDNAが備わっているのだろう。小林と一緒に電車の中で仲間が普通にしゃべっていて、周りの乗客の人々が笑いを堪えきれずに吹き出したことも、2度や3度ではなかった。そんな面白いキャラなので、昨年東京へ就職した私の娘が、やれ忘年会、新年会、春はお花見会、夏は花火大会だと、仲間達の集まりにせっせと通って楽しんでいるようだ。カミサンは「ヘ~ンナ子!お父さんの友達と集まって飲み会をする娘なんて聞いたことが無いよ!。よくそんな集まりにいけるね!?。何がいいの?」と言うと「だって最~高に楽しいんだもの!」と、まだまだ通い続けるつもりらしく、カミサンはあきれ返っている。
  そんな小林も解散の時の話になると立場が無いらしく、その時ばかりはほんの一寸小さくなる。
そういえば、彼もイギリスから戻ってすぐは、どうも東京には住めそうもないとの事で奄美でタイコを叩いて2年程暮らしたことがある。現在の和光トンネル傍の伊津部町である。ご近所の皆様方には、不審者の出入りも頻繁で相当ご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。
c0126762_19223790.jpg

[PR]

# by haru359600 | 2008-05-26 20:48

JUNK-5   

昨晩サッカー日本代表のニュースを探して、TVのチャンネルを回していたら、偶然にも富澤一誠氏がコマーシャルに出ていた。昔、富澤氏達が企画した長野のコンサートにJUNKと一緒に行った時、おそらく須坂の彼のご実家だと思うのですが、道路より一段低い場所にある、大きな旧家に泊めていただき、囲炉裏の傍で野沢菜とか白菜の漬物をツマミとして出してもらい、あまりのおいしさに一人でバケツ2杯位をたいらげてしまった事などを思い出しました。一宿一飯の恩義を受けながらも未だに何にも恩返しが出来ていません。どうか皆様に良い日々が訪れますように!。
  その時も、手持ちのお金は10円しかなく、新宿駅から長野へ向かい、帰りは大阪あたりへ出てそのまま奄美へ向かった覚えがあります。若い頃はお金なんか無くても何でも出来ました。小林とか、大阪の大将や、金太郎(森)等のヨーロッパ・東南アジア無銭旅行には負けますが・・・・。その件はそのうち・・・。
c0126762_1923504.jpg

[PR]

# by haru359600 | 2008-05-25 11:42